プロテインの効果

身長が伸びるプロテインの真実とは?

トレーニングでお馴染みのプロテインはご存じの通り、筋肉を大きくし身体を大きくするなどと言われています。そんなこともあり成長期の子供のために、プロテインを飲ませようかと悩んでいる方もも多いと思います。
本当にプロテインで、体が大きくなると思いますか?
本当の正しいプロテインの成分、効果のある飲み方をもう一度見ていきましょう。
まずプロテイン=筋肉というイメージが強いと思います。
ドラッグストアやスポーツショップにも、必ずといっていいほど、サプリメントコーナーに普通に陳列されています。そして「強い筋肉」「理想の筋肉」といったセールスポイントで、いかにも効きそうなイメージで販売されている事でしょう。

 

プロテインのメリットはたんぱく質の吸収がスムーズで、手軽に質の良いたんぱく質を簡単に補給できるというところにあります。
普段の食生活において、肉や魚などを食べていると思います。
そんな同じような感じで手軽にたんぱく質を摂ることが可能なのです。

 

でもプロテインを飲んだだけで「筋肉がつく」「身体が大きくなる」ということにはならないので注意しましょうね

 

「じゃあ、ボディビルダーは筋肉がつかないの?」と思う方もいるかもしれませんがボディビルダーも、「プロテインを飲んでいるから筋肉がつく」というわけではないのです。

 

実は筋肉を巨大化させるためには大量のたんぱく質を摂取する必要があります。その量は普通の食事で摂取する事はちょっと難しいのです。
そこでプロテインを飲み、手っ取り早く良質のたんぱく質を簡単に摂っているということなんです。

 

しかし成長期の子供は、ボディビルダーのように極限まで負荷のかかる筋力トレーニングは行いません。

 

激しい運動をする子供でも、普段の食事をしっかり摂って食事ではまかなえない栄養素だけをサプリメントなどに頼れば問題ないのですが現代の子供は好き嫌いが激しいので栄養不足と言われていますのでそこでプロテインなどのサプリに頼るのも一つの手段かと思います。

 

でも、プロテインの摂りすぎは注意してくださいね
子供の一番大切な成長期において栄養素がプロテインに偏ると、たんぱく質の過剰摂取につながる恐れもあります。摂取過剰は腎臓疾患やアレルギー最悪の場合は大腸がんの原因になると言われていますのでプロテインを子供に摂取させる場合は適量を守りましょう。